» 2014 » 6月のブログ記事

通信教育で受講できる国家資格はたくさんあります。

人気の行政書士の他に、司法書士、公認会計士、税理士、
宅地建物取引主任者、中有小企業診断士など他にもたくさんあります。

それでもここに上げた資格はいずれも国家資格であり、
どれもが独立開業でき、あるいは起業内でも特別な地位を築けるでしょう。

資格といっても国家資格の他に公的資格、そして民間資格があります。

公的資格は公益法人が実施し関係省庁が認定する資格です。

事務系に人気のある簿記などがこれにあたり、
独立開業をするというよりも起業の中でのキャリアアップという位置づけになる資格といえるでしょう。

民間資格は仕事に活かせるものから趣味の資格まで幅広く、
2,3日講習を受ければ取得できるような資格もあります。

国家資格は難しいイメージがありますが、
通信教育を受講することで、中にはびっくりするくらい簡単に取得できるものもあります。

それは趣味の範疇にあるような資格になりますが、
独立開業できるようなものになると生半可な気持ちではなかなか合格することはできません。

独学でも十分という人は大学などで基礎的な知識をつけて来た人だと思います。

今後のことを考えての資格取得ということであれば、
まったくの畑違いからの国家資格取得を目指している人もいることでしょう。

そのような人であれば独学は闇雲の進めてしまって効率的ではありません。

通信教育を受講して効率のよい勉強をして資格取得に励みましょう。
それがきっと合格への近道となります。

行政書士の資格を取得使用と思うと、独学で勉強するのか、
通信教育を受講するのか選択に悩むことと思います。

行政書士の資格と取得した人に聞くと、勉強は独学でも十分という人もいます。

しかし、圧倒的に多いのは通信教育を受講している人たちです。

通信教育のメリットとしてあげるのは、ポイントを絞れるということです。

これは無駄な勉強をしなくてもいいということで大きなメリットといえるでしょう。

それでも行政書士を受講することを考えると、
どこがいいのか迷ってしまうことと思います。

そこで役に立つのがインターネットの比較サイトでしょう。
あらゆる比較サイトがあります。

たとえば電化製品で全自動洗濯機を購入したいのであれば値段や選択重量、
洗濯方式などの条件で絞ってその中から自分に最適な洗濯機を選ぶことができます。

これと同じように行政書士の通信教育も受講料やテキストの内容などになるでしょうか。

最近では受講者の合格率を積極的に発表しているところが増えてきました。

やはり合格率が高いことは安心にもつながります。

比較サイトでみても、それぞれの比較サイトで評価や内容がまちまちなものがあります。

情報が古くなっていることもありますから気になるところは
実際にサイトを見てみるほうがいいでしょう。

ここで受講をして本当に合格できるのか、と思う人がいるかもしれません。

勉強するのは自分自身であって通信教育はあくまでも
サポートだということもしっかり認識しておかなくてはいけません。

国家資格の中でも人気なのが行政書士です。

今でも比較的取得しやすいとされている資格ですが、
合格率が10%ですから、簡単な資格ではないことがよくわかります。

本気で受けていない人がいるからという意見もありますが、
国家試験は合格率ではかるものではなく、
ある一定のレベルに達しているか、知識を持っているかを判定するためのものです。

ですから全体の合格率を出していてもそれはあまり意味のあることではないでしょう。

通信教育を受講してる人の合格率であれば意味のあることかもしれません。

行政書士の通信教育講座の中では過去の受講者の合格率を
掲載しているところもありますから参考にしてもいいかもしれません。

行政書士の勉強する範囲はとても広いです。

その中で重要なポイントを抑えて覚えていったほうがいいのですが、
本気で行政書士として活躍したいのなら勉強のときに全てを暗記するくらいの
気持ちで勉強をしたほうがいいという人もいます。

それはその通りなのですが、それができる人は限られた人でしょう。

ほとんどの人はポイントをしぼって効率よく勉強をすることを望みます。

そのような勉強をサポートしてくれるのが通信教育であり、
それが評判となって口コミで伝わっていくのだと思います。

通信教育講座を選択する際はこのような評判を参考にして選ぶと間違いはないと思います。

教材の質やサポートが充実していて受講費が安いと願ってもないのですが、
サポートなどは目に見えない部分ですからやはり評判が大切ということになるのです。

行政書士は国家資格ですから当然試験内容は難しいです。

社会人など仕事を持っている人が
帰宅してから勉強するくらいのことではなかなか効率のよい勉強はてきないといってもいいでしょう。

そのためにも必要なのが通信教育です。

当然お金がかかりますが、お金をかけているということが勉強に対する
モチベーションになることは間違いありません。

ある程度勉強に自信があって参考書だけで大丈夫という人は
大学などで法律の勉強を専門にしている人かもしれません。

しかしそういう人だから合格するというものでもないところに
行政書士の国家試験の難しいところがあるのだと思います。

法律の知識はそれほどなく、将来のための資格として行政書士の資格取得を
目指すのであればやはり通信教育が一番のお勧めです。

多くの業者が通信教育に参入していますからどれを選んだらいいのか迷うことでしょう。

そのようなときに参考にしたいのがネットのランキングサイトです。

どの講座が人気があるのかがランキング形式でわかるようになっています。

もちろんどのようなところが人気なのかが記載されていますから
自分が重視したいものと照らし合わせてみましょう。
通信教育も続けなければ意味がありません。

長丁場ですし、重視したいのはサポートでしょうか。

よい業者というのはいかに勉強させるのかというところで
気持ちを乗せるのが上手だと思います。

ですからランキングサイトでもやる気にさせてくれる業者を
探すことが成功するための一番の秘訣といえると思います。

行政書士の資格を取りたいのであればやはり通信教育を受講したほうがいいでしょう。

中には独学で十分という人もいるのですが、
闇雲に勉強するよりもポイントを絞った効率のよう勉強方法を
教えてくれる通信教育のほうがメリットがあります。

現在では多くの業者が通信教育を行っていますから、
どれを選んだらいいのか迷う人もいることでしょう。

中には大手の業者だから安心であるとか、
手広くいろいろな講座を持っている業者は本気度がわからないという意見もあります。

通信教育を受けるにもお金がかかりますから選ぶにはそれなりに慎重になったほうがいいでしょう。

行政書士の受講期間は概ね6ヶ月ということが多いようです。

考えようによっては半年も勉強しなくてはいけないのか、という人もいるかと思います。

しかし、多くの人が仕事をしながらの受講であるということを
考えるとこのくらいの受講期間は必要になるのです。

もっとも行政書士の試験は年に1回で11月に行われますから
5月あるいは6月入会という人が多くなっています。

通信教育講座の選択ですが、
特にこれだというところがないのであれば
ネットの口コミサイトなどの利用者の評価を確認して決めるのもいいかと思います。

通信といえども添削が丁寧であったりポイントを抑えた教え方をしてくれたりと、
受講していくなかでそのようなところはよくわかるものです。

ですから口コミサイトなどの利用者の書き込みはとても参考になりますし、
選択の際に口コミサイトの書き込みを信じて決めるという人も少なくないのです。